縮む

セブン&アイ・ホールディングスは今月10日の第2四半期決算発表にて、2022年度末までに傘下の百貨店と総合スーパー事業の人員の2割に当たる、同社過去最大の3千人を削減すると発表しました。 インターネット通販の普及や慢性的な人手不足などで小売業の苦境が鮮明になる現在、収益力が低下している、そごう川口店など百貨店5店を閉鎖することにしたようです。 店舗閉鎖による人員削減を実行することから、業績が振...

続きを読む

経営計画、リソースからの組み立て

皆さまは経営計画を立てる際、何を根拠に数値の組み立てをされておりますでしょうか? 例えば、経営計画の作成手順でよく見かけるのは以下のような流れ。 (1)目標の売上高を決める (2)過去の原価率から売上原価を決める(過去の粗利益率から粗利益を決める) (3)過去の実績と新年度の見込みから経費を決める (4)結果として経常利益が決まる あるいは、まず(4)経常利益を決めた上で、(3)→(2...

続きを読む

10連休をきっかけにトレンドを把握する

GW10連休。 私たち中小企業にとっては資金繰りや売上高に大きな影響を与える要因であり、正直、迷惑以外の何物でもなかったという企業も多いのではないでしょうか。 今回のような祝日による営業日数の増減はもちろんのこと、季節変動や天候、自然災害など、様々な要因が企業の業績に影響を与えます。 当然、こうした何らかの要因により単月では前月より売上が上がっていた(下がっていた)としても、中長期的に見て売...

続きを読む

金融機関にとっての優先順位

AI融資。 中国では日常的に使われているとの記事をよく見かけますが、日本でも事業化に向けて動きが活発になりつつあります。 AI融資は個人情報や取引履歴を用いて、従来の融資とは比べ物にならないくらいのスピード感で実行されるのが特徴です。アプリやWEB上で完結することも大きなメリットと言えます。 日本でもアマゾンやリクルートなど、自社のプラットフォームを使う取引先に対する融資が開始されて数年...

続きを読む

働き方改革で、生産性は上がるのか?

とうとう、この4月から働き方改革関連法(以下「関連法」)が施行されました。 関連法のうち、具体的なものとして以下が挙げられます。  A )有給休暇の確実な取得     *年間10日以上の付与に対して年間5日の消化義務  B )時間外労働の上限規制     *原則:月45時間・年360時間     *例外:月100時間未満・複数月平均80時間・年720時間      C )月...

続きを読む

人手不足はこのまま続くのか?

私が見る限り店員はわずか3名でした。 1月初旬に私が訪れた300坪を超えるGUの大型店舗です。 ご存知のようにGUはファーストリテイリングの完全子会社で、ユニクロより低価格なカジュアル衣料品を販売することで知られています。 今回私は、近所にあるGUで導入されているセルフレジがすごいという話しを妻から聞き、遅ればせながら「どれどれ」と実際に体験しに行くことにしました。 米のア...

続きを読む

新年に「やめる」ことを決める

皆さま、明けましておめでとうございます。 本年も税理士セカンドオピニオンをどうぞよろしくお願い致します。 さて、多くの経営者の皆さまが「今年は○○をやるぞ!」と意気込み新たに新年を迎えていることと思います。 そんな皆さまに、この新年のタイミングで是非考えていただきたいことがあります。 【今年は何をやめるか】 いきなりやる気を削ぐようですが、決して後ろ向きな考えではありませ...

続きを読む

RIZAP、ダイエットはじめる

「おもちゃ箱のような会社だが、いくつか壊れているおもちゃがある。壊れたものは修繕していかないといけない」 6月にRIZAPグループに加わった松本晃氏の言葉です。おもちゃ箱という表現をしなければならないくらい、成熟していない会社とも受け止めることができます。いくつか…という表現もかなり控えめな発言かもしれません。 ...

続きを読む

RPA、ある意味衝撃

RPAというワードをご存じ無いという経営者は少なくなってきたかと思われますが、RPAの実態を把握しているという経営者は少ないというのが現実かと思われます。 もちろん使ってみなければ実態は分かりません。そして、いきなり使うにはハードルが高いソフトですので、当社でもRPAのプレゼンを受けてみました。 RPAについては一般的な情報を有していたものの、プレゼンを受けて直接ソフトを目の当たりにし...

続きを読む

ヤマトに学ぶ値上げの効果

宅配最大手のヤマト運輸は値上げ交渉を行った結果、大口顧客の4割がヤマト運輸との取引を解消したことを明らかにしたという記事が1月31日の日経新聞に掲載されていました。 過剰ともいえるサービス提供を背景に、現場の労働環境の過酷さや人手不足による人件費の高騰による収益悪化についてマスコミをうまく使ってアピールし、多くの人に短期間で「値上げは仕方なし」と感じさせた戦術は見事としか言えませんが、そこは...

続きを読む

年の初めに貸借対照表を眺める

貸借対照表よりも、損益計算書をよく見る。 貸借対照表の中では、現預金のみを見る。 売上高や利益が気になるのですから、当然と言えば当然です。 そして、手持ち資金が重要な訳ですから、これも当然です。 極端なことを言えば、これだけ見ていれば何となく会社の状態が分かるのだと思います。これは皆さまが数字以外の事も含めて、自社の全てを把握しているからこそ問題がない訳です。 しかし、これら...

続きを読む

隠された大増税

「まったく同じ物でも、どの会社から買うかで御社が納める税金額が異なります。」 「まったく同じ仕事でも、どの会社に依頼するかで御社が納める税金額が異なります。」 これを読んでみなさんはどう思われたでしょう? 「そんなわけないでしょ。」 ほとんどの方はそう思われたはずです。 ...

続きを読む

社員を鍛える補助金?

皆さま、『ものづくり補助金』というのはご存知ですか? 経済産業省管轄の補助金で、「国内外のニーズに対応したサービスやものづくりの新事業を創出するため、認定支援機関と連携して、革新的な設備投資やサービス開発・試作品の開発を行う中小企業を支援します。」という目的の下に、最大1,000万円を補助(補助率:3分の2)してくれるものです。 詳し...

続きを読む

【要注意!】マイナンバーに踊らされるな!!

皆さまご存じのとおり、来月から各個人の住所にマイナンバーが届きます。 昨年から「マイナンバーどうする??」と大騒ぎしていたところ、とうとう本番がやってきます。 しかも、皆さまのお手元に届く前から、消費税の食料品などの軽減分の還付にマイナンバーを使うなどの話が飛び出したりと、今後は困ったら“何でもマイナンバー!”という流れが構築されつつ...

続きを読む

これもフリーか

以前、ご紹介したことがある『クラウド会計ソフトfreee』。 この運営会社が、先月『会社設立freee』というサービスを開始しました。 その名のとおり、会社設立支援のためのサービスですが、ここを利用するだけで会社設立に必要な手続き全般が完了できます。利用料はfree。 会社設立というと、自身で手続きを行うか、司法書士か税理士に依頼するというのが一般的です。自身で行うには手間が掛か...

続きを読む

シャープの減資

先月、シャープの減資が話題となりました。 シャープの現状を考えれば、減資自体は不思議なことではありません。今回は資本金を1,218億円から5億円にまで減資することになったようです。 減資の目的は多々あるのでしょうが、批判を受けたのは、資本金を1億円にまで減資して、中小企業並みの優遇税制を受けるという話が強調されたためです。 ...

続きを読む

新年度の計画を完了する前に…

売上の先行きが不透明な中、少しでも固定費を削減しなければとお考えの方もいらっしゃると思いますので、今回はコスト管理について一つの考え方をお伝えいたします。 コストは何のために投入するのか? と聞かれれば、それぞれ表現は違っても「成果を上げるため」と、ほとんどの方がお答えになると思います。 ...

続きを読む