ふるさと納税は節税か…

と、聞かれれば節税ではありません。 しかし、ご存じのように「ふるさと納税」ブームです!! 個人的にふるさと納税には全く興味がなかった私ですが、お客様が確定申告時に証明書をたくさんご提出されるのを見て、驚きました。 当社の個人確定申告は、ほぼ顧問先の経営者さまですので、ご自身の限度額が高く、メリットがあることもお分かりのようでした(おそらく奥様が...

続きを読む

マイナンバー制度・・・けっきょく何を準備すればいいの?!

「平成28年1月からマイナンバー制度が実施されます!!」 テレビの政府系広告もはじまり、制度の名前くらいは誰でも知っているかと思います。 ナンバーの通知が始まる平成27年10月までも、もう半年もありません。 しかし、「では、会社では一体なにをどうしたらいいの?」という経営者の方も多いのでないでしょうか。 そこで、経営者(事...

続きを読む

節税だけを目的にするとおかしなことになる

「タワーマンション節税」という言葉を新聞や雑誌、テレビなどで見聞きしたことのある方も多いのではないでしょうか。これは相続税増税を目の前にした昨年あたりから頻繁に話題に上がっている節税方法で、うまくいけば、かなりの節税を計ることができます。しかし、あくまで“うまくいけば・・・”の話です。 「タワーマンション節税」とは相続税における財産評価(持っている資産がいくら相当のものかを評価すること)方法...

続きを読む

新年度の計画を完了する前に…

売上の先行きが不透明な中、少しでも固定費を削減しなければとお考えの方もいらっしゃると思いますので、今回はコスト管理について一つの考え方をお伝えいたします。 コストは何のために投入するのか? と聞かれれば、それぞれ表現は違っても「成果を上げるため」と、ほとんどの方がお答えになると思います。 ...

続きを読む

借金をゼロにする『相続放棄スキーム』の光と闇

私事ですが、最近、妻からの提案で我が家の保険を見直すことになりました。 妻 「私の保険証券が届きましたよ。」 妻 「今のところはあなたが受取人になっていますから・・・。」 この言葉を聞いて今回の原稿を思いつきました。 みなさんは『相続放棄』という手続きをご存じでしょうか? 中小企業の社長でこの手続きを知らない方はいらっしゃらないとは思いますが、念のためにご説明いたします。...

続きを読む

富裕層への課税包囲網!?

「出国税」創設!! 有価証券やデリバティブ取引など、一定の金融資産を持つ人が海外へ出国する場合には、その金融資産を時価で譲渡等したとみなして課税します!! なんと、国家は富裕層へのさらなる外堀を埋める改正案を出してきました。 その背景には、富裕層がその所有する資産とともに海外移転をはかり、国内での課税を逃れる傾向が多くなっていることが挙げられます。 たとえばシンガポールや香港で...

続きを読む

スカイマーク、民事再生法

皆さまご存じのとおり、1月28日に国内航空第3位のスカイマークが民事再生法の適用を申請しました。最高益更新から3年も経たないうちに…ということが強調されています。 JALのケースもそうでしたが、航空業界は政治も影響するので破綻の原因を業績だけに限定することができません。 とはいえ、業績を見ずには始まらないので、今回はスカイマークをケーススタディに過去最高益の更新という点と、勝負をかけた...

続きを読む

「マイナンバー制度」の憂鬱

いよいよ私たち一人ひとりに番号がつけられる日が近づいてきました。 これに伴い、私たちの全ての預金が税務当局に把握される日も遠くないようです。 「マイナンバー制度」は、ご存知のように国民一人ひとりに番号を割り振って、所得や納税実績、社会保障に関して一元的に管理するというものです。この制度は個人だけでなく法人も対象としています。今年の10月から個人番号・法人番号の通知が行われ、来年、平成28年...

続きを読む

Youtuberはあんなモノまで経費にできるのか!?

前回に引き続きYoutubeやアフェリエイトの確定申告をネタにして『必要経費』の話をいたします。 確定申告にあたっての最大の関心事は、何が必要経費となるのかということです。 例えばYoutubeのある番組では、大食漢の女性が毎回山盛りの料理を食べ食レポを行っていたり、またある番組では、人気キャラクターの...

続きを読む

有給休暇の改正は、果たして「敵」か「味方」か・・!?

あなたの会社では、「有給休暇」を取得できますか? 労働基準法改正案が国会に提出されたようです。 昨年から報道はされていましたが、有給休暇の取得を従業員の希望を踏まえ、企業側からいつ取得するかを決定させることを義務付けるというものです。 簡単に言えば、企業側から有給休暇を取得することを義務付けるもので、これにより、従業員に有給休暇を確実に取得させることが狙いのようです。 当然です...

続きを読む

平成27年度税制改正 ~中小企業の行く末~

昨年末に平成27年度の税制改正大綱が発表されました。政府がアピールしたかった点は事前に報道されていたとおりであり、それ以外は大綱に地味に記載されていたという感じでしょうか。 つまり、今回の税制改正大綱は特に目を見張るようなものはありませんでした。 もちろん、法人実効税率の引き下げは、多額の利益を計上している企業にとっては追い風となりますが、ある意味ではそれだけだったということになります...

続きを読む

優先すべきは“生きること”

平成27年。いよいよ相続税改正による増税が幕を開けました。しかし増税とはいっても、相続税がかかる人は改正後も7%程度で、ほとんどの人に必要なのは、相続“税”対策ではなく、相続“争い”対策であることを先月のメールマガジンでお伝えしました。 このこと自体は事実です。しかし、相続において必要な対策は、相続“争い”対策であるということも、今や既に時代遅れになりつつあります。では、相続において、今この...

続きを読む

YouTuberよ!確定申告に備えているか!

動画投稿サイトYouTubeに「Hello YouTube!!」のフレーズで始まる人気チャンネルがあります。 子供と一緒にいつも何気なく見ていたのですが、あるときにその方が私の地元出身者ということで一方的に片想いしています。(笑) 近頃、YouTubeにユニークな動画をアップすることで視聴者を増やしその広告収入で生計を立てている『YouTuber(ユーチューバー)』といわれる方々が注目...

続きを読む

ご存知でした?こんな場合の消費税の取り扱い!?

最近では、「カタログギフト」による贈答が随分と増えているようです。 あなたは、この「カタログギフト」を贈った場合の消費税、どのような処理が正しいと思われますか? 『商品券のようなものだから、非課税!!』 と、こう言われれば違和感はないように感じますが・・・正解はこうです。 『課税仕入れ』 消費税法では、国内において事業として対価を得て行われる資産の譲渡等を課税対象としてい...

続きを読む

必ずやってくる相続

相続税増税が始まりました。書店には相続税関連の書籍が並び、新聞や雑誌でも頻繁に特集が組まれています。そこに書かれている内容のほとんどは相続“税”対策。しかし、ほとんどの方に本当に必要になるのは相続税対策ではありません。“相続争い対策”です。 相続争いというと、財産がたくさんある家庭に起こるものと思われがちですが、ある程度の資産を保有している、いわゆる資産家と呼ばれるような人達は比較的早い段階...

続きを読む

目標型計画と予算型計画

今回は経営計画のうち数字面での考え方についてお伝えします。 皆さまが一般的に経営計画と呼ばれるものを立てる場合、その内実は大きく分けて二つの表現の仕方があります。一つは「目標」。もう一つは「予算」。 「目標」という表現については売上高や利益に使われるケースが多く、「予算」という表現については費用に使われるケースが多いと言えます。今回は話を分かりやすくするため、売上計画を目標と表現し、費...

続きを読む

なぜ酒蔵が密かにアパート経営をやっているのか?

『酒蔵』と聞いてみなさんは何を連想されるでしょうか? 何代にもわたって受け継がれてきた老舗で、職人気質の杜氏が 一生懸命にお酒を造っている、そんなイメージではないでしょうか? ところが、以前より一部の酒蔵では『アパート経営』による相続税対策が密かに行われていました。 アパート経営による相続税対策は、すでにメジャーなものと...

続きを読む

あなたの会社が勝手に解散登記される?!

昨年、法務省が12年ぶりの休眠会社等の整理作業を行いました。 「うちの会社は元気に活動しているから関係ないや。。。」 そう思われたあなた、実はあなたの法人も解散登記される可能性があるのをご存じですか? 「休眠会社」というと「活動を休止した状態にある会社」というイメージを持っているかと思います。 しかし、...

続きを読む

お役所仕事

「うわっ、もう固定資産税の納税時期かぁ・・・。それにしても高すぎないかぁ!?・・・。」 毎年、固定資産税の納付書が届く度に、そんなことを思いながらも当たり前のように納付している“固定資産税”。もしかすると本当に“高すぎる”かもしれません・・・。 9月9日の日本経済新聞に大きく、このような見出しの記事が掲載されていました。 『固定資産税 徴収ミス続発』 記事で伝えられてい...

続きを読む

二重基準による業績不振要因

それぞれの立場によって、求めている目標、求められている目標が異なるのは当然です。 例えば、経営者が自身で重視するのは経常利益であったとしても、営業部長に求めるのは売上高…というように。 営業部長は経営者から与えられた目標売上高を達成するため、広告費の予算増加や営業社員の増員、そして車両・携帯電話などの追加手配を会社に要請します。もちろん、それに関連して他の固定費...

続きを読む