税金の世界でも『年金問題』!?

税理士は各地域の税理士会に所属しており、2、3ヶ月毎に所轄税務署と 『事務連絡会』というものを開いています。 これは、その連絡会の中での税務署とのやり取りです。 税理士 「この場合、本当に確定申告しなくていいんですね?」 税務署 「しょうがないですね。申告をしろという規定がありませんから・・・」 税務署 「それで結構です・・・。」 また、この国は行き当たりばったりの制度を作...

続きを読む

当社にとっては無縁の話だ!と思っていませんか?

“減価償却”・・・、皆さんを悩ませている会計・税務の制度の一つです。 会社が固定資産を購入した場合、その支出は購入した年度の一時の経費とはならず、減価償却という制度を通じて、数年にわたって経費化されていきます。 キャッシュアウトしているにもかかわらず、経費化されるのは一部であるため、税金を減らす効果は少なく、また、利益とキャッシュの乖離を生む大きな原因となっています。 経営者であ...

続きを読む

雇用調整助成金について

震災等の影響で売上が減少しているが、固定費は通常通りに発生してしまう・・・。 固定費の大部分を占めるのは人件費・・・。 しかし、従業員の生活を考えれば、急にリストラするわけにもいかない・・・。 すでに“何度も”聞いたことがあるかとは思いますが、『雇用調整助成金』という助成金制度があります。 今回も、その“何度も”に該当し、すでに自社について検討をした結果、当てはまらないと結...

続きを読む

なぜ、あの社長は税務調査を歓迎するのか?

社長 「先生、今、税務署の方が来られまして・・・」 税務署の調査です。 私 「分かりました、私が行くまで中には入れないでくださいね。」 社長 「あっ、いいんです先生、もう調査はじめていただきました。」 私 「エェーそうなんですか!」 私 「今すぐ行きますから待っていてください(汗)」 普通の社長であれば税務調査は少なからず嫌がるものです。 ところが、この社長は快く税務調査...

続きを読む

税率が変わるタイミングでよく耳にする話

税率が変わるタイミングでよく耳にする話 ◆“消費税率が上がるタイミングでは、金(ゴールド)の購入がいい” これはよく耳にする話です。 10,000,000円分の金の購入・売却を例に考えてみます。 ■金の購入には消費税がかかるため、旧消費税率(例えば現状の5%とします)で金を購入すると税込みで10,500,000円の支出になる。 ■その後、消費税率が上がった直後...

続きを読む

なぜ、税理士は社長を怒らせたのか?

「先生、お久しぶりです。また、お世話になります・・」 三年前に一度弊社にご相談に来られた社長さんが、人の縁で回りまわって 再び弊社に来社されることとなりました。 しかも、私に連絡をくれた人の話を聞いてみると、三年前にいらしたときと まったく同じ内容のご相談についてです。 その内容とは、ある経理処理について納得がいかないというものです。 その社長さんは、税理士と退職した経...

続きを読む

遺言書だけで大丈夫と思っていませんか?

ある日のこと、午前と午後で相続についての二組の相談者が 訪れてきました。 その2組の相談がとても対象的だったので私の記憶に 残りました。 1組目の相談は、すでに数年前に被相続人のお父様がお亡くなりに なっており、その後、相続の手続きが行われず、手つかずになっていました。 とくに田舎ではよくある話です。 もちろん、相続手続きがされなかったのにはちゃんと“理由”が あり...

続きを読む

何故、疑問に思わないのか?

先日、お客様の役員様よりこんなご質問をいただきました。 お客様:「当社では、代金の回収にクレジットをご利用いただくことがあります。」 お客様:「その際、利用伝票(お客様控)をお渡しするのですが、中に、領収書を 欲しいとおっしゃる方がいらっしゃるのです。」 笹 川:「なるほど、心配性な方もいらっしゃるんでしょうからねぇ。」 お客様:「そこで、ちょっと疑問なんですが・・・」 笹 川:「...

続きを読む

お粗末行政に税務署長も“ダメ!”

弊社の新潟事務所がある新潟県上越では、あまり知られていない話ですが関係者の間ではちょっとした騒動が起きています。 それは、契約錯誤による、約1億2千万円の納税問題です。 これは、平成18年の4月に、上越市が上越地域医療センター病院の運営管理を指定管理者制度に移行する際に、本来課税の対象とならない『人件費』分を課税対象となる『委託料』に含めて(契約)支払っていたため、本来、支払いを避ける...

続きを読む

何で税金かかるの?

震災特例法によって、被害にあわれた方の税金の取り扱い が国税庁より公表されました。 自動車重量税、登録免許税それから一定の場合の相続税又は贈与税が 減免される場合があります。 また、固定資産税についても、消滅した建物等については減免が あるようです。 しかし、所得税、法人税並びに消費税等についての免除に関する 措置は出されていません。 既に確定した所得に対する税金で...

続きを読む

税理士事務所のABC feat.岡本吏郎

最近、低価格の税理士のネット広告をよく見かけませんでしょうか? 「顧問料月額10,000円から! 今なら○○も無料で」 毎月の顧問料が1万円を下回ると集客を仕掛けている税理士事務所が 増えています。 お客様も年間数百社ペースで増えているそうですよ! また、低価格だからといって品質が低いかというと、そうでもなさそうです。 お客様からすると、悪くないですよね。 とはいえ、...

続きを読む

アレが付いてないと気になるようです・・

先日、税務調査が行われました。 雑談も終わりこれから調査を始めるというときです。 調査官が私に小声で話しかけてきました。 調査官「先生はいつもは、アレ付けてますよね?」 笹川 「ええ、基本的には付けるようにしていますが・・」 調査官「でも、今回は付けていませんよね?」 笹川 「えっ、まさか、そんな理由で来たんじゃないでしょうね?」 みなさんは、何の話か分かりま...

続きを読む

税理士増加は良い事か?

それは当然に良い事でしょう。 税理士が増え、競争原理が働けば報酬も安くなる。 と、皆さんはお考えのはず。 そして、今年も税理士が増えます! というのも、8月は税理士試験が行われる月でした。 合格発表は12月で、資格登録出来る合格者は毎年1,000人くらい。 では、税理士増加は皆さんにとって本当に良い事なのでしょうか? 新規営業先でよく聞かれます。 「顧問契約した...

続きを読む

あえて両手でボタンを押す煩わしさ

生産技術屋さんが書いた“失敗学”に関する書籍に触れる機会があり、その書籍には次のようなくだりがありました。 『エンジニアが絶対的に安全な装置を設計しても、オペレーターが故意にそれを外せば事故が起きても不思議はない。 エンジニアは、絶対に外せない安全装置を設計するか、安全装置の意図についてオペレーターに理解を得る必要がある。』 この一文から遠い記憶を思い出しました・・・。 ...

続きを読む

更新されているか?

「顧問税理士が、そう言っていたんですよ」 とAさんは言った。 私は返した。 「そんなことをしたら、とんでもないことですよ!」 その件は、税務署の重点項目にも上げられているから、もし、Aさんが、顧問税理士の言うとおりにしたら大変なことになる。 私は、その旨も告げて、顧問税理士の言うことは、5年前に使えなくなったことも付け加えた・・・・・・・・・。 世の中は変わる。 私が電話...

続きを読む

税務調査で分かる税理士のタイプ

6月は決算月です・・・。 税務署の! 正確には事務年度と言い、7月1日から6月30日が対象期間。 7月に人事異動が行われ、新しい年度がスタート。 本格的に税務調査が始まるのは8月に入ってからです。 今年は東日本大震災の影響があるので、例年に比べて風向きが異なるかもしれません。 被害が大きな地域では税務調査どころではないでしょうし。 また、震災に関連した寄附等の処理に注...

続きを読む

税理士の探し方について考えてみた

『税理士セカンドオピニオン』とメールマガジンのタイトルを変えてから3カ月が 経過しました。 たまにはタイトル負けしないような内容もお伝えしなければと思い、地方の方 から特にご相談が多い「税理士の探し方」について触れてみます。 とはいえ、これを真正面から取り上げても、抽象的な話で終わってしまいます。 あるいは、具体的過ぎてメルマガでは書けません・・・。 そこで、今回は都道府県...

続きを読む

今日が最後のメールです(新刊のご案内)

たくさんの方々に新刊を ご購入いただきありがとうございました。 お礼と言っては何ですが、 最後に、本にならなかった部分の原稿から 一部を引用させていただきます。 気になっていながら、購入がまだの方は ぜひともご購入ください。 新刊『実学 中小企業のパーフェクト会計』は、 中小企業のための究極の会計書です。 なお、今回は、『無料講演会』を行うこととしました。 本を...

続きを読む

管理数値は、ライフサイクルや環境で変わる(新刊のご案内)

本日も、新刊の内容のコメントをお送りします。 興味のある方はぜひお買い上げください。 ----------------------------------------------------------------- 「管理数値は、ライフサイクルや環境で変わる」 通常の会計の本では、いろいろな管理すべき数値が出てきます。 しかし、これらの全てを管理する必要は、ありません。 ...

続きを読む

本当に、売上高や利益の管理で良いのか?(新刊のご案内)

本日も、新刊の内容のコメントをお送りします。 興味のある方はぜひお買い上げください。 ----------------------------------------------------------------- 「本当に、売上高や利益の管理で良いのか?」 通常の会計の本では、いろいろな管理すべき数値が出てきます。 しかし、これらの全てを管理する必要は、ありません。 管...

続きを読む